将棋アンテナ 棒銀くん

  • 毎日新聞・将棋
    名人戦順位戦、王将戦をはじめ将棋関連のニュース、話題をお伝えします
    • フォロワー 4,307
    • フォロワーの増減 (最近3日間) +13
    • フォロー 298
    • ツイート数 1,352
    • 一日のツイート数 (最近) 1.9
    • 一日のツイート数 (全期間) 0.6
    • リツイート比率 0.0
    • リプライ (返信) 比率 0.0
    • 開始した日 2012年12月11日
    • 住所
  • (つづき)
    ■本日
    12西田-39井出
    25及川-23田中悠
    5今泉-7伊藤真
    13高見-35杉本和
    17竹内-48長谷部
    22高野智-40佐藤慎
    30瀬川-36南
    31西川和-45渡辺正
    15石田-37長岡
    10牧野-44脇
    16上村-26桐山
    C級2組6回戦の結果です(左が勝ち。数字は順位)。
    ■1日
    4大橋-18大平
    27中田功-33矢倉
    11阿部光-1長沼
    41星野-32中座
    2石井-34神谷
    24中村亮-8黒沢
    20三枚堂-43佐藤紳
    14佐藤和-28梶浦
    6佐々大-49池永
    3遠山-38藤森
    9村中-47古森
    42島本-19八代
    29村田智-21渡辺大
    (続く)
  • 全勝の3人がそろって勝利。高見叡王をはじめ9人が1敗で追っています。
    瀬川五段は、勝星規定により六段に昇段しました。
    (つづき)
    ■本日
    12西田-39井出
    25及川-23田中悠
    5今泉-7伊藤真
    13高見-35杉本和
    17竹内-48長谷部
    22高野智-40佐藤慎
    30瀬川-36南
    31西川和-45渡辺正
    15石田-37長岡
    10牧野-44脇
    16上村-26桐山
  • C級2組6回戦の結果です(左が勝ち。数字は順位)。
    ■1日
    4大橋-18大平
    27中田功-33矢倉
    11阿部光-1長沼
    41星野-32中座
    2石井-34神谷
    24中村亮-8黒沢
    20三枚堂-43佐藤紳
    14佐藤和-28梶浦
    6佐々大-49池永
    3遠山-38藤森
    9村中-47古森
    42島本-19八代
    29村田智-21渡辺大
    (続く)
  • 高知市で行われた女流王座戦五番勝負第2局は、里見香奈女流王座が清水市代女流六段に快勝し、2連勝で防衛に王手を掛けました。第3局は21日、静岡市の浮月楼で指されます。
  • 本日のA級順位戦は、糸谷哲郎八段が久保利明王将に勝ちました。
    4勝0敗≫6豊島
    3勝1敗≫1羽生 3広瀬 8三浦
    3勝2敗≫○9糸谷
    2勝2敗≫4佐藤康
    1勝3敗≫2稲葉 7深浦
    1勝4敗≫●5久保
    0勝4敗≫10阿久津
  • 里見倉敷藤花は「相居飛車は想定していませんでした。途中で誤算があって、そこからはずっと苦しかったと思います。最後に詰みが見えて、勝ちになったと思いました。次局まで少し時間があるので、自分にできることをして精いっぱい力が出し切れる状態で倉敷に伺いたいと思います」と話していました。
  • 一方、谷口女流二段は「ちょっと見掛けない形で一手一手神経を使う難しい将棋でした。第2局は今日のことを忘れて、新たに一局ということで、岡山の皆様にいい将棋が見せられたらと思っています」と、気持ちを切り替えて次局に臨むとのことでした。
    里見倉敷藤花は「相居飛車は想定していませんでした。途中で誤算があって、そこからはずっと苦しかったと思います。最後に詰みが見えて、勝ちになったと思いました。次局まで少し時間があるので、自分にできることをして精いっぱい力が出し切れる状態で倉敷に伺いたいと思います」と話していました。
    毎日新聞・将棋さんの投稿画像
  • 倉敷藤花戦第1局は、里見香奈倉敷藤花が谷口由紀女流二段に先勝しました。劣勢からの見事な逆転勝ちでした。第2局は24日、岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で指されます。
  • 終局後、広瀬八段は「3連敗してしまうと追い込まれてしまうので、1勝できてホッとしました。まだまだ負けているので4局目以降も頑張りたいと思います」と安堵の表情を見せ、羽生竜王は「非常に難しい将棋が続いているので、内容を上げて次の対局も臨みたい」と後半戦の抱負を語りました。
  • 茨城県鹿嶋市の鹿島神宮で指された竜王戦七番勝負第3局は、挑戦者の広瀬章人八段が羽生善治竜王を降し、1勝2敗としました。羽生竜王の3連勝かとみられた局面もありましたが、広瀬八段が勝負手を放って鮮やかな逆転勝ちを収めました。第4局は24~25日、京都府福知山市の福知山城で行われます。
  • 渡辺棋王が全勝を守り、郷田九段と山崎八段が3敗に後退。渡辺棋王は残り5戦を3敗してもA級復帰ラインに残ります。
    7勝0敗≫1渡辺明
    6勝2敗≫10斎藤慎
    5勝3敗≫6山崎
    4勝3敗≫2行方 5木村 8郷田 11松尾
    4勝4敗≫7谷川
    3勝5敗≫3屋敷
    2勝5敗≫4橋本 13畠山鎮
    2勝6敗≫12野月
    1勝6敗≫9菅井
    本日のB級1組8回戦の結果です(左が勝ち。数字は順位)。
    斎藤王座が初タイトル獲得後の初戦を白星で飾りました。
    1渡辺明-7谷川
    10斎藤慎-8郷田
    11松尾-6山崎
    5木村-12野月
    3屋敷-9菅井
    13畠山鎮-4橋本
  • 本日のB級1組8回戦の結果です(左が勝ち。数字は順位)。
    斎藤王座が初タイトル獲得後の初戦を白星で飾りました。
    1渡辺明-7谷川
    10斎藤慎-8郷田
    11松尾-6山崎
    5木村-12野月
    3屋敷-9菅井
    13畠山鎮-4橋本