将棋アンテナ 棒銀くん

  • 佐藤 天彦
    佐藤 天彦 (佐藤天彦 名人) @AMAHIKOSATOh
    将棋棋士。趣味はファッション、クラシック音楽他いろいろ。アン・ドゥムルメステールが大好きです。最近はドルチェ&ガッバーナも気になるところ。宇宙戦艦ヤマトを愛しています。
    • フォロワー 29,760
    • フォロワーの増減 (最近3日間) +31
    • フォロー 95
    • ツイート数 2,361
    • 一日のツイート数 (最近) 0.6
    • 一日のツイート数 (全期間) 0.9
    • リツイート比率 16.7
    • リプライ (返信) 比率 0.0
    • 開始した日 2011年3月20日
    • 住所
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/26 01:49
    146手目△74銀が問題の局面。ここは代えて△83金▲63馬△52銀と指すべきでした。本譜の▲72馬に△75香▲同竜△同銀(1)▲同玉△74金以下詰み、という読みでしたが(2)▲85玉とすり抜けられるのを見落としていました。予定変更で148手目△77金ですが▲66玉で寄りません。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/26 01:44
    118手目△83銀には▲81龍が勝ったようです。以下△71金打▲65銀△81金▲同馬△98飛▲69玉で先手玉はすぐに寄らず、難解な戦いが続きそうです。ただ、この順は先手玉が危ないので秒読みでは現実的に選びづらそうではあります。本譜は飛車は取られましたが手駒が増え優勢になりました。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/26 01:39
    銀河戦決勝行方八段戦。37手目▲76歩には△88角成としておくべきでした。本譜は▲79玉と寄られた形が堅く、実戦的に勝ちづらい将棋に。それからはずっと難解ながらも自信がない展開が続きましたが、94手目△75銀で取られそうな銀を逃げつつ反撃が見込めそうになり盛り返した気がしました。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/20 01:41
    これにより、後手の飛角への当たりが強くなったので▲56銀から銀で攻めやすくなりました。以下87手目▲65歩まで進み、手順に攻め駒の飛銀を捌くことに成功。角も使えて攻めの目処が立ち、以降は押し切ることができました。次局もご覧いただけると幸いです。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/20 01:37
    9月18日放映の銀河戦佐藤和俊六段戦。57手目▲45桂は先に桂損する攻めなので決断を要しました。ただ、ここで攻めないと手が出せなくなってしまいそうなので仕方がない意味もありました。少し進んで70手目△41飛に▲44歩~▲55歩~▲46歩が、相手の大駒を引き付ける順。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/20 00:52
    長考中にこの理屈に気が付けたのが結果的には大きかったです。実戦は▲41角が通り、以降も難しかったですがなんとか攻めをつなげることができました。また頑張ります。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/20 00:48
    竜王戦澤田六段戦。63手目▲25飛の長考はその後の攻めの構想を練っていたものでした。69手目▲41角の攻めは角2枚を渡すので一見強引に思えるのですが、△同飛なら▲同馬△同玉▲71飛△51角に▲34歩と緩めておき、△59飛に▲88玉でこちらの玉が寄らないという判断で決行しました。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/13 23:27
    棋王戦丸山九段戦。63手目▲56角のあたりは、持駒の銀を自陣に打たせてまずまずと見るのか、逆に堅めさせてしまっていて実戦的に勝ちにくいと見るのか、判断が難しいところです。以下も細かい応酬が続きましたが101手目▲73歩成で上部が厚くなり、優勢になった感じがします。また頑張ります。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/9 16:54
    少し進んで97手目▲71飛が詰めろなのは怖いですが、△35桂打の詰めろ逃れの詰めろがぴったりでした。▲同歩なら△39金としておいて一手勝ちです。途中は大変な戦いでしたが、結果的には92の角がよく働いて勝つことができました。また頑張ります。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/9 16:51
    72手目△56歩は92角の角道が止まるので気が進みませんが、致し方なしと判断しました。その後は長期戦に。90手目△58とには▲75角が勝ったようです。実戦は▲46角△47金▲62とに敢えて角を取らない△48とが厳しく、優勢になりました。
  • 佐藤 天彦 佐藤 天彦 @AMAHIKOSATOh 9/9 16:46
    NHK杯佐々木慎六段戦。58手目△92角は働くかどうか際どい角打ちです。以降は中央で本格的な戦いとなり、70手目△33同銀の場面。ここで▲45銀と出られたのが好手でした。▲77角が普通に見えますが、それなら△58歩で後手も反撃に回れます。本譜は自玉に迫られ怖い局面になりました。