将棋アンテナ 棒銀くん
  • 佐藤 天彦

    佐藤 天彦 (佐藤天彦 名人)さんのTwitterデータ

    @AMAHIKOSATOh
    将棋棋士。趣味はファッション、クラシック音楽他いろいろ。アン・ドゥムルメステールが大好きです。最近はドルチェ&ガッバーナも気になるところ。宇宙戦艦ヤマトを愛しています。
    • フォロワー 39,434
    • フォロワーの増減 (最近3日間) +37
    • フォロー 303
    • ツイート数 2,607
    • 一日のツイート数 (最近) 0.3
    • 一日のツイート数 (全期間) 0.7
    • リツイート比率 0.0
    • リプライ (返信) 比率 0.0
    • 開始した日 2011年3月20日
    • 住所
  • 王位戦斎藤八段戦。認識不足があり、序盤からペースを握られ苦しい展開になってしまいました。終盤は嫌味も出てきたかと思ったのですが・・・。87手目▲46金に本譜△66角、△76桂、△57角など有力手はありますが感想戦で調べた限りではどれも負けそうという感じでした。また頑張ります。
  • 王位戦木村九段戦。83手目▲29桂の局面は千日手の可能性もあるかと思っていたのですが、△33桂がうまい打開でした。22の角が使えなくなるので指しづらいイメージでしたが、こちらの手が難しかったです。その後も際どいと思って進めていましたが結局はずっと足りないようです。また頑張ります。
  • 1回目の投稿の「69手目△86桂」は「70手目△86桂」の間違いで、訂正します。69手目▲79飛に対して△同飛成ではなく△86桂という手もあったという意図でした。
    終盤は追い上げたものの少しずつ足りなかったように思います。ちなみに、136手目△67とで△47金は▲53馬△38金▲52龍△42飛に▲44桂が好手。△同金▲42馬以下詰みとなります。これが駄目なので△67とでしたが、結局似たような筋で詰まされる順が多く負けでした。また頑張ります。
  • 終盤は追い上げたものの少しずつ足りなかったように思います。ちなみに、136手目△67とで△47金は▲53馬△38金▲52龍△42飛に▲44桂が好手。△同金▲42馬以下詰みとなります。これが駄目なので△67とでしたが、結局似たような筋で詰まされる順が多く負けでした。また頑張ります。
    棋聖戦中村太地七段戦。中盤は終始難しかったです。感想戦で調べた限りでは分が悪そうでしたが、69手目△86桂などは気が付いておらず、このあたりに何か変化を求めるべきだったかもしれません。本譜は81手目▲56角~▲66歩で龍切りを強要され切れ模様になってしまいました。
  • 棋聖戦中村太地七段戦。中盤は終始難しかったです。感想戦で調べた限りでは分が悪そうでしたが、69手目△86桂などは気が付いておらず、このあたりに何か変化を求めるべきだったかもしれません。本譜は81手目▲56角~▲66歩で龍切りを強要され切れ模様になってしまいました。
  • 棋聖戦久保九段戦。序盤から5筋で激しいやり取りになりましたが、54の歩で抑え込めて指しやすくなりました。以降は相手の側に苦労が多い将棋だったと思います。中盤で優位に立ってからはスムーズに攻め切れることができました。また頑張ります。
  • 叡王戦丸山九段戦。どこで間違えたかは難しいですが、中盤で苦しくなり、苦しくなってからは少しずつリードを広げられたような気がします。長くはなりましたが手堅く指され逆転は難しかったと思います。また頑張ります。
  • マウントレーニア焦がしバターキャラメルはもちろん美味しいのだがそれに勝るとも劣らないほど美味しいリッチカフェモカ香るヘーゼルナッツのほうはなぜ店頭であまり見掛けないのだろうか。
  • NHK杯稲葉八段戦。後手三間から最近流行の形に。序盤は指し慣れなさが出てしまい、早い段階で冴えなくなりました。盛り返して一時は互角に近い形勢になったかと思いますがミスで再び劣勢に。終盤は負け筋でした。敗退は残念ですが、振り飛車を多用し印象に残る今期NHK杯になりました。また頑張ります。
  • 王位戦豊島竜王戦。序盤からペースを握られ、50手目△55歩のところは応対が難しいです。そこからは勝ちづらい上に形勢自体も苦しくなりました。終盤は追い上げたほうかとは思いますが、感想戦で調べた限り、互角まで持って行けるような順は見つかりませんでした。また頑張ります。
  • 王座戦郷田九段戦。56手目△11銀では△25歩が勝ったかもしれません。本譜も難しいかと思っていたのですが、当初考えていた以上に先手の攻めが厳しかったです。飛車と金2枚の見慣れない攻めで感覚が難しいところがありました。悪くなってからチャンスはなかったと思います。また頑張ります。
  • 順位戦斎藤八段戦。序盤から右辺がいびつな形でまとめるのに苦労しました。金銀を引きつけて大変になったかと思ったところもあったのですが、あらためて読んでみると苦しい変化が多かったです。最後も粘りましたがさすがに足りませんでした。これで4勝5敗で来期は7位に。また頑張ります。
  • NHK杯木村九段戦。攻められて若干ペースを握られていたかもしれませんが、なんとか持ちこたえられました。反撃に出た後も難解でしたが、▲66角が決まり、良い流れが来たと思います。最後もしっかり着地できました。またご覧いただければ幸いです。
  • nhk.jp/p/ts/6GLVG6Q9P…
    僕もコメントで出演します。よろしくお願いします。
  • 竜王戦佐藤康光九段戦。ずっと難しい戦いでしたが終盤は自信がなかったです。70手目は△55角▲37角△46銀とされると悪いような気がしました。本譜も難しいと思いますが、▲63角と飛車取りをかけられて後手も忙しいでしょうか。数手後の▲43歩が厳しく勝ちになりました。また頑張ります。
  • 佐藤 天彦佐藤 天彦 さんがリツイート 2/11 18:22
    思眞字遊帖 思眞字遊帖 @sisin_jiyuchou 2/11 18:10
    天彦書、造らせて頂きました。
    盛上げ駒。
    御蔵島産黄楊根杢材にて。

    お話を頂き、駒作品としての書体意匠を創るお手伝いをさせて頂く中での天彦先生とのやり取りでは天彦先生が書かれた原稿の持つ魅力によって、私自身の新しい部分も引き出して頂いた感がありスペシャルな時間でした。感謝です。
  • こちらは思眞師にお借りした写真です。本当に濃密なやり取りをした末に完成した字母(書体)なのでとても感慨深いです。実物は写真では伝えきれないような雰囲気があってよりいっそう素敵です。もしこの駒に関して興味をお持ちになられた方は@sisin_jiyuchou 思眞師までご連絡いただければと思います。
    @sisin_jiyuchou 駒造り思眞師にお願いしていた駒を納品いただきました。名人3連覇時に大和証券様から頂いたプレゼントの駒木地を僕の書体で造っていただくことに。思眞師が僕の感性を汲み取って下さり素晴らしいアレンジをしていただきました。イメージした以上の世界観ができて、とても嬉しいです!
    佐藤 天彦さんの投稿画像
  • @sisin_jiyuchou 駒造り思眞師にお願いしていた駒を納品いただきました。名人3連覇時に大和証券様から頂いたプレゼントの駒木地を僕の書体で造っていただくことに。思眞師が僕の感性を汲み取って下さり素晴らしいアレンジをしていただきました。イメージした以上の世界観ができて、とても嬉しいです!
  • 王位戦片上七段戦。67手目▲22歩に△69角は▲21歩成△47角成▲62龍で非常に難解ながら負けそうです。このため直前の△88飛成で△69角も考えましたが▲87銀で自信なし。形勢は難しそうですが、本譜△88飛成の変化が負けだとすると▲35歩の局面は先手が勝ちやすいと言えそうです。
  • 最終盤は負け筋でしたが、最後は先手の寄せに対して切り返しがありました。83手目は▲28金打で一見詰みがなさそうですが△45角が妙手でどう応じても詰み。この手を発見できたのが大きかったです。本譜も最終手△54角がぴったり。実戦詰将棋といった趣の詰み手順となりました。また頑張ります。
    王位戦片上七段戦。67手目▲22歩に△69角は▲21歩成△47角成▲62龍で非常に難解ながら負けそうです。このため直前の△88飛成で△69角も考えましたが▲87銀で自信なし。形勢は難しそうですが、本譜△88飛成の変化が負けだとすると▲35歩の局面は先手が勝ちやすいと言えそうです。
  • 順位戦糸谷八段戦。序盤から攻め込まれ、自信はありませんでしたがなんとか形勢の均衡を保てればという展開でした。57手目▲44角~▲54歩は味の良い手順のはずなのですが、△56飛でむしろこちらが忙しいのかもしれず、実際少し悪いような気がしました。
  • 67手目はソフトによると▲65角なら大変だったようなのですが、両対局者ともにはっきり後手良さそうという判断(具体的には△同竜▲同銀△57歩など)だったので、実際に指すのは難易度が高かったです。ただ▲67同銀引以降は攻めが切れてはっきり負けになってしまいました。また頑張ります。
    順位戦糸谷八段戦。序盤から攻め込まれ、自信はありませんでしたがなんとか形勢の均衡を保てればという展開でした。57手目▲44角~▲54歩は味の良い手順のはずなのですが、△56飛でむしろこちらが忙しいのかもしれず、実際少し悪いような気がしました。
  • 朝日杯深浦九段戦。序・中盤は難しい将棋だったと思いますが、玉が堅い先手のほうが早指しでは勝ちやすい展開だったかもしれません。こちらとしては左右の陣形のバランスを取るのに苦労する将棋でした。終盤も相手の玉が見えない中で攻められ続けたのでチャンスはなかった感じです。また頑張ります。