将棋アンテナ 棒銀くん
  • 佐藤 天彦

    佐藤 天彦 (佐藤天彦 名人)さんのTwitterデータ

    @AMAHIKOSATOh
    将棋棋士。趣味はファッション、クラシック音楽他いろいろ。アン・ドゥムルメステールが大好きです。最近はドルチェ&ガッバーナも気になるところ。宇宙戦艦ヤマトを愛しています。
    • フォロワー 32,743
    • フォロワーの増減 (最近3日間) -21
    • フォロー 168
    • ツイート数 2,481
    • 一日のツイート数 (最近) 0.0
    • 一日のツイート数 (全期間) 0.8
    • リツイート比率 0.0
    • リプライ (返信) 比率 0.0
    • 開始した日 2011年3月20日
    • 住所
  • 朝日杯三浦九段戦。67手目▲34同角と千日手模様を打開しましたが良くなかったと思います。本譜はそのあと苦しくなった感じがしました。84手目△24金では△33同金▲同飛成△76桂から銀を入手した後に△42銀と打たれてもはっきり苦しそうでした。本譜は難しくなったかと思ったのですが…
  • 朝日杯石井五段戦。54手目△97歩のあたりはもう既に芳しくなさそうです。以下はあまり変化するところがなく自然に悪くなってしまいました。終盤は負け筋が多かったですが、なるべく複雑そうな順を選ぶようにして、なんとか逆転することができました。次局は19時から。頑張ります。
  • 叡王戦渡辺三冠戦。120手目△64歩で△55銀なら優勢だったようです。ここは手が広く、感想戦でも出なかったので1分将棋では仕方ないかなとも思いますが・・・。最終盤は打ち歩詰めなど、攻防共にぴったり負けの配置。内容は良かったと思うのですが結果につながらず残念でした。また頑張ります。
  • 指揮者のヤンソンス氏死去の報に接し驚く。残念・・・。生前は何度も素晴らしい演奏を聴かせてもらった。初めて聴いたのは2008年11月10日サントリーでRCOとの演奏会だったと思うけれど、そのときの「ラ・ヴァルス」のドライブ感は凄まじく、今でも印象に残っている。これまでの演奏活動に感謝。
  • 佐藤 天彦佐藤 天彦 さんがリツイート 12/1 19:11
    大川慎太郎 大川慎太郎 @00lll 12/1 18:29
    マリス・ヤンソンス死去の報が。今年6月のウィーンフィルとの公演は幻想交響曲の演奏中に体を傾け始め、なんとか終曲したものの、ウィーンフィルのメンバーに抱えられて退出。終楽章の超遅いテンポはいまだに耳に残っています。ツアーにも出て復活したと喜んでいたのに……。合掌。
  • 順位戦三浦九段戦。ずっと難解な将棋でしたが、103手目▲69桂が良くなかったと思います。ここは▲69玉△88歩▲74銀とするべきでした。そこで△81飛には見えづらい手ですが▲73桂があり、戦えていたと思います。本譜は69の桂を取られながら攻められてしまいました。また頑張ります。
  • 進んで85手目▲65歩には△73銀もあるのかもしれませんが、本譜は実戦的に先手玉に嫌味をつけにいきました。90手目△47龍~△58銀で攻めがつながる目処がつき、ようやく形勢が良くなったのかなと感じました。また頑張ります。
  • 王位戦藤井九段戦。序盤は堅さの違いがあり作戦負け気味だったでしょうか。58手目△45歩~△66歩のあたりは勝負、勝負の意気でした。81手目▲45歩のところは斜めのラインが気になるところで、先手玉も堅く実戦的に嫌な局面。ただ△33金右から、均衡を保つことはできていたかもしれません。
  • 昨日のティーレマン&ウィーン・フィルのブルックナー8番、本当に素晴らしかった。
  • 本譜は67手目▲36角成が好手でした。こちらからすると41への利きがずっと嫌だったので、成り返られるのは見えづらかったです。ただ指されてみると攻防によく利いており、負け筋になっています。以降も粘りましたが、87手目▲24歩が冷静で、これが最後の決め手でした。また頑張ります。
  • △56龍に▲57金は△35角があり、▲57銀は△47龍で千日手模様となります。ただ先手の他の手もかなり難しく、これなら大変だったと思います。(1)△47飛成の詰む詰まないの変化を深掘りしていたこともあり、(2)のタイミングで△47飛成~△56龍の緩め方は気付きませんでした。
  • ▲62との局面は先手玉に詰めろがかかれば勝ちなのですが、かかりそうでかかりません。本譜(2)△23金▲15桂に△33金はありました。以下▲22歩に△47飛成▲48銀△56龍。最後の△56龍が見えづらい手で、うまく龍を追われるとまずいのですが先手はその具体案が難しいようです。