将棋アンテナ 棒銀くん
  • 田丸 雑学堂

    田丸 雑学堂 (田丸昇 九段)さんのTwitterデータ

    @NoboruTama0505
    将棋棋士の田丸昇(九段)です。約50年の棋士人生で得た経験や知識を基に、将棋界の情報や裏話、雑学などを書きます。私が関心を持つ将棋以外の分野をたまに題材にします。若い頃に撮った写真や所有している写真も載せます。コメントをお待ちしています。
    • フォロワー 1,147
    • フォロワーの増減 (最近3日間) +82
    • フォロー 1,110
    • ツイート数 149
    • 一日のツイート数 (最近) 1.9
    • 一日のツイート数 (全期間) 0.9
    • リプライ (返信) 比率 0.0
    • 開始した日 2023年9月17日
    • 住所 東京都
  • 昔の三段リーグも今の三段リーグも、四段昇段者の倍率は約20人に1人と厳しい。今期三段リーグの出場者は45人で、競争原理を超えて異常だ。私見では、一定の人数以上なら四段昇段者を1人増やすべきだと思う。それには棋士たちの基本収入が少し減っても必要という、大所高所の考えが不可欠だが……。
  • 1972年3月21日。田丸は新人王戦で河口俊彦(写真右)と対戦した。この棋士デビュー戦で、後援者に贈られた羽織袴を着て臨んだ。そして、棋士人生の第一歩を勝利で飾った。後年に評論家として活躍した河口は、「才能は感じないけど、意外に勝つかも」と評したという。田丸は褒め言葉と解釈して励んだ。
  • 1971年度後期の三段リーグは奇跡的な拾い勝ちが何局もあり、関東リーグで11勝1敗で優勝した。2回目の「東西決戦」の酒井順吉との対局は、中盤で有利だったが終盤で形勢が入れ代わった。しかし秒読みに追われた酒井の悪手で、田丸が逆転勝ちした。終局直後は嬉しい反面、悪夢を見たような心境だった。
  • 田丸は1970年の「東西決戦」で敗れた以降、生活が一変した。酒を飲んで煙草を吸い、坊主頭が長髪になった。異性との交友にも気を取られた。青春に目覚めたのだが、将棋から逃げたのが現実だった。7期目の三段リーグに際した1971年の秋、これでは棋士になれないと自省し、将棋に打ち込む生活に改めた。
  • 田丸の奨励会時代は、東西に分かれた三段リーグ(人数は約20人)の優勝者同士が対戦し、勝者が四段に昇段する制度だった(年間2人)。世に言う「東西決戦」で、勝敗で天と地の差があった。田丸は1970年2月にも東西決戦に臨み、坪内利幸に完敗した。まだ19歳と若く、いずれ昇段できると思ったのだが……。
  • 田丸は1950年5月5日に生まれた。棋士としての誕生日は1972年2月22日。奨励会(棋士養成機関)の三段リーグの「東西決戦」の対局日で、当時21歳の田丸は酒井順吉に勝って四段に昇段し、晴れて棋士になることができた。写真(『将棋世界』誌より転載)は終局直後の光景。私は安堵の表情を思わず浮かべた。
  • ある経済誌が2020年に「10年後に消える仕事、残る仕事」のテーマで各業種を選んだ。後者には、お笑い芸人、ユーチューバーのほかに将棋棋士が入った。藤井聡太の活躍と人気が理由だという。藤井のハ冠獲得で今の将棋界は活況を呈している。ただ棋戦契約金(タイトル賞金)が増額しないと本物ではない。
  • 女流棋士の賞金・対局料で初めて1000万円に達したのは、1996年に女流四冠を達成した清水市代。2023年は非公表だったが、白玲の優勝賞金は1500万円なので西山朋佳は達している。ちなみに2023年の囲碁棋士の賞金・対局料ランキングで、上野愛咲美は2387万円で4位。藤沢里菜、仲邑菫はベスト10に入った。
  • 日本将棋連盟の主な財源は、新聞社、テレビ局、企業などとの棋戦契約金。その内訳は優勝賞金(10〜20%)、ほかの賞金、対局料、運営費など。公益法人の連盟は、優勝賞金を大盤振る舞いして赤字にはできず、プロ野球のように親会社の後援もない。現行の賞金・対局料の水準は、身の丈に合った経営による。
  • 藤井聡太は2023年の賞金・対局料で1億8634円を獲得した。ただ「ハ冠制覇」という偉業に適正な金額だろうか? 野球、サッカー、テニスなど世界のプロスポーツでは、年間10億円以上の選手は珍しくない。高額の放送権料、世界的企業の広告宣伝費、何万人もの入場者料が原資だ。では将棋界の場合は……。
  • 1993年の獲得賞金・対局料で、羽生善治が1億63万円で初めて1億円に達した。以下はタイトル保持者の谷川浩司、米長邦雄、前名人の中原誠が5000万前後で続いた。20代前半の森内俊之、佐藤康光、郷田真隆はベスト10に入った。ちなみに92年に順位戦でA級に昇級した田丸は、93年に1323万円で20位だった。
  • 田丸は日本将棋連盟の理事だった1991年、棋士の獲得賞金・対局料ランキングを初めて公表した。囲碁棋士の小林光一の獲得額が1億円、超新星の羽生善治が竜王賞金の3000万円を獲得などの話題で、棋士の収入に関心を持つ人が増えたことによる。初めて公表した1989年の1位は谷川浩司の6069万円だった。
  • 日本将棋連盟が発表した2023年の獲得賞金・対局料の1位は、八冠制覇を達成した藤井聡太の1億8634万円。羽生善治が1995年に獲得した1億6597万円を更新した。羽生は96年に王将の獲得で七冠制覇を達成。王将賞金に叡王(当時はない)賞金を仮に含めると、藤井の獲得額は27年前と同じ水準なのが現状だ。
  • 持将棋模様では、どう決着しても消耗する。2004年のB1順位戦(中川大輔ー行方尚史)は夜中の1時半すぎに持将棋となり、指し直し局は千日手となった。再指し直し局は早朝の5時28分に始まり、9時15分に行方が勝った。中川は3局目、ワイシャツを抜いだ格好になった。双方ともにお疲れ様でした。
  • 田丸は四段時代、C2順位戦の対局で持将棋模様となり、1点の駒をめぐる攻防を繰り広げた。232手の末に相手が24点に足りずに勝ったが、違うゲームをしたようだった。棋士と将棋ソフトが対戦した初期「電王戦」で形勢不利な棋士が入玉すると、点数争いに慣れないソフトが疑問手を連発したことがあった。
  • 今期棋王戦第1局の終盤で伊藤匠七段が「持将棋ですかね」と声をかけ、藤井聡太棋王が応じて持将棋となった。ただ点数が足りない方が負けを認めず、指し続けたケースが以前にあった。そこで明らかに点数が上回る方が、一定の条件で対局を中断して第三者に裁定を仰ぐ「宣言法」という規定が設けられた。
  • プロ公式戦で持将棋の場合、通常の対局は30分後に各自の残り時間(残り1分だと60分に増やす。相手も同じ)で再開する。同一手順を繰り返す「千日手」も同様だ。タイトル戦で持将棋の場合、長手数で終局時刻が遅いという事情から、次の対局日に延期する。したがって五番勝負だと、第6局の可能性がある。
  • 「持将棋」規定を説明する。双方の玉や他の駒が敵陣に入った状態で、大駒(飛角)を5点、小駒(金銀桂香歩)を1点に換算し、盤上(玉を除く)と持ち駒を合わせて双方が24点以上だと持将棋で指し直しとなる。アマ大会では時間的な制約から、27点未満の方を負けとし、27点同士は後手勝ちとするルールがある。
  • 2月4日に行われた棋王戦(藤井聡太棋王ー伊藤匠七段)第1局は、双方の玉が敵陣に入り込んで詰まない状態となり、「持(じ)将棋」で無勝負になった。棋士8年目の藤井は初めてのこと。タイトル戦では2020年の叡王戦(永瀬拓矢叡王ー豊島将之竜王)第3局以来。年間3000局以上の公式戦で持将棋は平均4局。
  • 現行の王将戦は「四番手直り指し込み」の規定にある時期から変わった。一方が4連勝した場合、第5局は勝者と敗者の手合は「香落ち」になるが、当分は対局しないのが慣例。今期の王将戦第4局で藤井聡太王将が菅井竜也ハ段に4連勝した場合も同様だ。菅井としては制度上の「香落ち」は避けたい。
  • 現行の王将戦は、ある時期から「四番手直り指し込み」の規定になった。一方が4連勝した場合、第5局で勝者は敗者と「香落ち」の手合になるが、当分は対局しないのが慣例。今期王将戦の第4局で藤井聡太王将が菅井竜也ハ段に4連勝した場合も同様だ。菅井としては制度上の「香落ち」は避けたいところ。
  • 昭和24年に将棋連盟と名人戦主催者の毎日新聞社の契約金交渉が決裂。毎日の将棋欄は1年ほど空白になったが、読者の要望を受けて王将戦を創設した。その条件として「三番手直り指し込み」の厳しい規定を要望した。連盟会長の木村義雄名人は推進役を務めたが、昭和27年の王将戦で自らが指し込まれた。
  • 大山康晴王将・名人に升田幸三ハ段が挑戦した昭和31年の王将戦で、升田が3連勝して指し込んだ。そして升田が第4局で名人の大山に香を落として勝つと、社会的ニュースになった。升田は「名人に香を落として勝つ」と書き残し、広島の実家を13歳で飛び出した。その途方もない少年の夢が24年後に叶った。
  • 昭和26年(1951)に創設された王将戦七番勝負には、「三番手直り指し込み」の規定が設けられた。一方が3連勝か4勝1敗で三番を勝ち越すと王将を獲得し、さらに勝者が敗者に「香落ち」の手合で対局する。敗者の棋士は、「平手」オンリーの時代にきわめて辛いことだった。実際に香落ち戦が行われた。
  • 藤井聡太王将に菅井竜也ハ段が挑戦している今期王将戦は、藤井が3連勝して防衛に王手をかけた。第1局は△8七歩、第2局は▲4ニ歩に▲5三歩、第3局は△5六歩に△6七歩と、垂れ歩の手筋で「と金」を作る小技で優勢になった。まさに「一歩千金」だ。第4局で菅井は大技を放って巻き返してほしい。